人気ブログランキング | 話題のタグを見る

お久しぶりです。

2015年になりました。
すっかりブログから離れておりましたが、
誰かが密かに読んで下さってるみたいで^^
ありがとうございます。
不定期な更新になりますが、どうぞ宜しくお願いします。


久しぶりに昔のブログを読んでみましたが、、、
だいぶ今は変わってしまっています。
私も環境も!(笑)
なので本当に懐かしく、ちょっと気恥ずかしい気持ちにも
なったりしながら読んでみました。


とは言っても沢山お仕事しながら子育てに
奔走していることには変わりありません。
そして勉強も鍛錬も相変わらず続けております。
嬉しいことに昔より、沢山本が読めるようになりました。
時間の使い方が上手くなったのか、速読が板についたのかは
わかりませんが。
あ、子供たちが大きくなった分手が掛からなくなり
その分読書が出来るようになってきたことに今気付きました。


そうそう。
子どもが大きくなるとその分本当に時間が自分に戻ってきます。
目に見えて大きくわかることではありませんが、
気が付くと前よりもお茶の時間があったり、ボーっと考え事が出来ていたり
前には廃棄していたメール便をゆっくり読んだり。。
そんなことで少しづつ、子供達に行っていた時間が
自分へと戻って来ています。


さて2015年。
今年は抱負をなるべく具体的に書き出し、
お仕事初日は苦手な交渉からスタートしました。
とにかく自分の気持ちや、こうしたいと思っていることを伝え
交渉しました。
後回しにせず気持ちの良いスタートが切れました。


結果を先に想定せず、怖れずにとにかくやってみる。
楽しみながら、今年も頑張ります。


みなさまにとっても素敵な一年になりますように。。☆
# by midorinoryuusi | 2015-01-23 14:21 | 日々のこと

大切にしたいこと

この世の最上のわざとは何か

楽しい心で年をとり
働きたいけれども休み
しゃべりたいけれども黙り
失望しそうな時に希望し
従順におのれの十字架をになう

若者が元気いっぱいで神の道を歩むのを見て
ねたまず
人のために働くよりも謙遜に人の世話になり
弱ってもはや人の為に役にたたずとも
親切で柔和であること

おいの重荷は神の賜物
古びた心で最後の磨きをかける
真のふるさとへ行くために
おのれをこの世につなぐ鎖を
少しずつはずしていくのは
まことにえらい仕事
こうして何も出来なくなれば
それを謙遜に承諾するのだ

神は最後に一番良い仕事を残して下さる
それは祈りだ
手は何も出来ないけれど
最後まで合掌できる
愛の恵を求めるためにすべてをなし終えたら
臨終の床に神の声を聞くだろう
来よ わが友よ 
汝を見捨てじと


「最上のわざ」
作者 ヘルマン・ホイヴェルス


これは映画「ツナグ」の
エンドロールで(劇中でも何度か口ずさみます。)
祖母(祖母もツナグ)樹木希林さんが
語る詩です。



大浄化期の終盤に
この映画を見てこの詩に出会えて、
(私が知り得る、今の日本人のなかでもっとも自尊心があると思える人。
 あの樹木希林さんの声で。。)
心の中の何かが、するりと抜け落ちました。
この詩を本当に理解することは
もう少し先になるかと思いますが。。
それでもこの詩が深く心に染込みました。


色々に感じることが多かった映画でした。
最初から最後までとても静かに深く流れていくので、
言葉がとても意味を持っているような気がしました。
大切に語る言葉のパワーは、計り知れない。
悲しみ、怒り、後悔、優しさ...すべて。。


そしてツナグという使命を
ひたすら真摯に守り続けると
いうこと。
その姿勢や生き方に、沢山思うことがありました。




もうすぐで11月ですね。
言葉のひとつひとつをもっと大切に。。
相手に掛ける言葉も、自分に掛ける言葉も
心から大切にしたと思いました。
# by midorinoryuusi | 2012-10-30 14:26 | 感じたり考えたこと

安らかに。

19日の午前、叔父さんが亡くなった。


あんなに自暴自棄で
あんなに誰からも愛されなくて
あんなに孤独な人を
私は近くで見ることが初めてでした。


何度も何度も自殺未遂を繰り返し
本気で死のうと思ってないのに
そんなに繰り返していたら...
そのうち本当に天使が迎えに来ちゃうよ。。
と思っていた。


その度に
義父母と三人で病院の手配やこまごまとした手続や
叔父さんの介護をどうにかやり繰りしながら
ここ数年は
本当に義父母は大変な日々を過ごしていました。


亡くなった夕方
子供達に叔父さんが亡くなった事を伝えると
長男君が、
「爺ちゃんの心が悲しんでいる。可愛い弟が死んで
 爺ちゃんがかわいそう。」
そうつぶやいた。


限られた家族だけの
本当に小さなお葬式だった。
長男君の言葉通り
義父がとても泣いていたと
参列した旦那さんと義母が言っていました。
最後の最後にみんなが知った義父の本当の気持ちだった。
もちろん亡くなった叔父さんもそうなのだろうと思う。


叔父さんはとても安らかな顔をしていて...
あんなに穏やかな顔を見たことがないと
誰もが言っていたそう。


そしてホームの方が
亡くなるまでの半年間はとっても穏やかでしたよと
言っていたそう。。


その話を聞いたとき、
叔父さんは
ちゃんと天寿を全うしたのだと確信した。


自ら孤独を選び、
何度も何度も身体と心を痛めつけながら
皆から罵倒され邪魔もの扱いされながらも
それでも生きてちゃんと全うしたのだと。


私はまだまだ世間知らずだから...
叔父さんの生き様を見せてもらいながら
たくさんのことを学んだ。
叔父さんの持ち物はとても少なく限られたものだけだった。
それらもすべてホームに寄付して何も残らなかった。
物が少ないことは、これほどまでに潔く旅立てるものなんだと
私は思った。


最後の頃、
「僕にはお嫁さんが居て、子供は男の子一人女の子一人居るんだよ。」
と周りの人たちに言っていたと聞いた。
そんな夢を見ながら生きていたのかなぁとも思う。


もしも叔父さんが生まれ変わるなら
今度こそ暖かく楽しい人生を生きると選んで決めてほしい。。
心からそう願っている。


叔父さん安らかに...
本当にお疲れ様でした。
# by midorinoryuusi | 2012-10-23 13:14 | 感じたり考えたこと

ひとつひとつをかみしめる。

10月に入ってすぐから、
色々なことが本当に起きていて。。

持ち越したことの決着がつくつく(笑)

出来事は
本当にシンプルながら、
この件に関してはもうこれ以上ないのでは?
と言うくらいのタイミングと必要なことすべてが凝縮されていて。。
一瞬で多くのことを払拭できるくらいのパワーがありました。


あとからかみしめるごとに
凄すぎて、呆然。。


ゆだねると
こういうことがちゃんと起きるのだから。。
と。
感動しました。


そして、
「信じる」ということも
出来事を通してたくさん感じています。
自分も含めて信じようとしたすべてを
ただ信じてみるということ。。


大小関わらず、毎日何かしかそう感じることが
増えているので、
ひとつひとつをかみしめようと思っています。


そしてこうやって変化していくのだなぁと。
心にも身体にもちゃんと染み込むように。
味わっていこうと思っています。
新たに書き込んで行くつもりで。



まっさらになりつつあるのだから。。
# by midorinoryuusi | 2012-10-18 13:05 | 感じたり考えたこと

心象風景のような。。そして、心地良い洗練


心象風景のような。。そして、心地良い洗練_c0208233_144328.jpg


心象風景のような。。そして、心地良い洗練_c0208233_1442733.jpg


心象風景のような。。そして、心地良い洗練_c0208233_1433532.jpg


こちらは大好きな「なまけもののパン」の店内。
十数年前からうちの家族は彼の天然酵母パンを食べています。
実家から徒歩数分なので
誰かが必ず彼のパンを買っておいてくれてました。

焼き始めたばかりの頃は
自転車に衣装ケースを何段も重ねて運び、
その中に、大切に焼いた天然酵母パンを
綺麗に並べてスーパーの駐車場の一角で売っていました。

雪の日に見かけたときは、
家族みんなで彼のパンを買い占めようかと。。(笑)
彼の本気度は半端じゃなかった。

私が働いていたカフェで色々なパンを売るイベントをやるというので
彼のパンも置いてもらいました。
毎日完売。
あっという間にどんどんファンが増えて。。。
そして、
彼もお店も彼が焼くパンも、どんどん洗練されて行きました。
でもまだまだ進化していて、本気度はますます健在。
あらためて感心しました。

先日パンを買いに行ったときに
彼がすすめてくれたソファに座ってみました。
それは岩手の工房で作られた木のソファ。(椅子もありました。)

すわり心地がとても良く、背もたれのカーブが
身体の線に沿っていて身体がゆったりと沈み、
細部に作り手の意識が感じられて
その職人技に彼と同じ本気度を感じました。

やっぱり引き合うのだなぁ。。


☆陽が傾き始める頃に販売が始まります。
外から見ると、幻想的なパン屋さんです。
絵本に出てきそうな。。。
心象風景のような。。そして、心地良い洗練_c0208233_1445654.jpg

パンの配合は彼が説明をしてくれます。
ひとりひとり必ず。
心象風景のような。。そして、心地良い洗練_c0208233_1452577.jpg

心象風景のような。。そして、心地良い洗練_c0208233_1455976.jpg

この辺も読みたい本がいっぱいでした。
心象風景のような。。そして、心地良い洗練_c0208233_1461447.jpg





☆おまけ
先日の運動会で大活躍した、
三女が書いていた絵を発見。

気持ちは、バンザーイバンザーイなんだね^^

心象風景のような。。そして、心地良い洗練_c0208233_1463666.jpg

# by midorinoryuusi | 2012-10-12 14:12 | 感じたり考えたこと